フェラチオ 性病

海外より多い、日本のオーラル感染

なんと、日本は海外に比べオーラル感染による性病患者が多い国だそうです。

 

口で行う性風俗サービスが多いというのが原因かもしれませんね。

 

 

挿入時にコンドームを付ける人はいても

 

フェラチオの時までコンドームを付ける、という人ってあまりいませんよね。

 

知恵袋とか見てると口だけなら性病には感染しないなんて思ってる人も多いようですが

 

それはトンデモない勘違い。

 

 

フェラチオでも性病は伝染ります。

 

日本の性病はフェラチオやクンニを通して感染が広がっているといっても過言ではないでしょう。

 

フェラチオで感染する性病は淋菌感染症、クラミジア、梅毒、ヘルペス・・・

 

聞くだけでも恐ろしい病名がズラリ。

 

これ、すべて口から感染する性病として厚生労働省のホームページに掲載されている性病です。

 

オーラルセックスで感染する性感染症には淋菌感染症、クラミジア感染症、ヘルペス感染症、梅毒などがあります。
厚労省HP:http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/seikansenshou/qanda.html

 

 

フェラチオをした場合の性病リスク
主な性病:咽頭クラミジア、咽頭淋菌感染症

 

ファラチオをしたという場合は、相手の性器から喉に性病が感染している可能性があります。
淋菌に感染している男女の3割が咽頭も感染していたという報告もあることから
喉への性病感染リスクは決して低いものではありません。

 

相手が遊び人だったり、風俗へ行くような人の場合は特に注意した方がいいでしょう。
また、男と言うのは嘘を付きます。
「えっまさかこの人が!」というひとでも風俗へ行っていた、こっそり浮気をしてた。
なんて話は珍しくもなんともありません。

 

知らないうちに病気が進行
喉の性病が厄介な所はほとんど症状が現れないことです。
あなたが今、まったく症状がないとしてもなんの安心にもなりません。
感染しているかを知るには検査をするしか方法はないのです。
症状が現れないので、知らず知らずのうちにどんどん感染を広げてしまいます。

 

特に、他からもらった性病を本命の彼、夫に伝染してしまわないように注意してください。
もし伝染してしまったらもう言い逃れはできないかもしれません。

 

心あたりがある場合、検結果が出るまでは当分、お口での接触はやめておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

フェラチオをされた場合の性病リスク
主な性病:クラミジア、淋病

 

喉に性病菌を持った相手にフェラチオされた場合に感染します。
性風俗からもらうことの多い性病ですね。
風俗好きなひとはとくに注意いたほうがいいでしょう。知ったかぶって「風俗嬢は性病検査をやってるから大丈夫なんだよ」なんてことをいう人がいますが
実際には性病検査を強制していないお店も多いとの噂もありますよ。
また、定期的に検査をしていたとしても、あなたの前にもお客さんはいるわけですよね。
なので安心できるものではありません。

 

淋病は症状が出るのが早い
男性の淋病は症状がはっきり出やすい性病です。
感染してから数日で膿がでたり、おしっこの時に痛みが出たりします。
早い時は数時間で症状が出ることもあるようです。
強烈な痒みや痛みは辛いですが、すぐに性病が分かって良かったと思うべきかもしれません。
豊穣が出ている場合はすぐに病院へ行きましょう。

 

クラミジアは無症状が多い
フェラチオでクラミジアを移されていた場合は厄介です。
女性と同じく、症状が現れにくいからです。
約半数の男性がクラミジアに感染しても無症状と言われています。
なので症状がない=安心では無いことを覚えておきましょう。

 

エイズ予備軍HIVにも感染する?
フェラチオでHIVに感染するかははっきりとわかっていないようです。
感染するという医師もいれば、感染しないという医師もいます。
ほとんど感染しいけど感染するリスクはゼロではない、というのが大方の意見ですね。

 

 

まとめ
すぐに症状が出ない性病が流行しています。
そのため性病感染の不安を消し去るには検査をするしかありません。