介護資格の第一歩、介護職員初任者研修(旧:ホームヘルパー2級)は、職歴や学歴に関係なく、カリキュラムさえちゃんとこなせば誰でも取得出来る資格です。でも、講座によっては資格取得までの費用が全然違うのをご存知でしょうか?
おトク講座検索no1では介護資格の賢い講座選びを、あなたに取ってベストな講座が見つかるよう、資格講座の比較、検索に便利なサイトを紹介しています。

2013年4月からホームヘルパー2級は「介護職員初任者研修」という名前に変わりました!

平成25年4月より従来の「ホームヘルパー2級」に変わる資格として介護職員初任者研修がスタートしました。
介護福祉施設や在宅介護に従事するための必須資格となります。また自宅介護にも活かせる知識を身につけられるとしてたくさんの方が学ばれています。介護業界で働くうえで最低限必要とされる知識・技術を身につけ、基本的な介護業務を行うことができるようになることを目的としています。

初任者研修 おトク講座検索no1

講座の価格差は10万以上!

介護職員初任者研修の講座は安い講座では約3万円前後からありますが、高い講座では15万円を超えるものまであります。価格差にしてナント10万円以上。
あまりに安い講座だと「ホントに合格出来るの?」と不安に思われるかもしれませんがこの資格は「研修」という名前が付いていることからも分かるように、合格するのはものすごく簡単な資格です。真面目に組まれたカリキュラムをこなしてさえいれば問題なく合格できます。また、安い講座だから合格しにくいということもありません。

 

おトクな講座を探すには

無駄な出費をしてあとで後したくないなら事前にしっかり講座を比較することが大事。自分の許す時間、通える範囲から開催されている講座をチョイスしてみてください。介護職員初任者研修というゴールは同じでもそれぞれの講座によって条件や待遇はいろいろと違います。例えば休んでしまった時のフォローがあるかどうか?これは結構重要なチェックポイントです。介護職員初任者研修は決められたカリキュラム一つ一つをこなしていかなくてはなりません。一つでも抜ければ資格をもらうことが出来ないんです。ですのでもし休んでしまった時のフォローのために、振り替えの講座が受けれるものを彫らぬのがおすすめです。6万円前後の格安講座でも振り替えフォローが付いているものもありますので探してみてください。

 

講座選びのチェックポイント

休んだ時の振り替えが可能か?

決められたカリキュラムを一つでも欠席した場合、資格をもらうことが出来ません。休んでしまった分は振り替えの授業をうける必要があります。心配な場合は振り替え授業が可能な講座を選びましょう

 

就職支援があるか?

資格を取ったらすぐにでも働きたい、という方は就職支援のサポートについてもチェックしておきましょう。ニチイや三幸福祉などの介護業界大手の講座では受講者を優先的に自社施設に採用しています。ただ、これら大手の講座は値段が高いです。

 

ちゃんと通える日程か?

介護職員初任者研修は決められたカリキュラムを欠席せず一つ一つをこなしていくのが最も重要です。お子様の学校行事や大事なイベントなどと重なっていないか今一度、日程のチェックは完璧にしておきましょう。

 

 

近くの講座を比較する>>>

 

 

通信だけで取得できますか?

できません。
通信講座と銘打ったものもありますが必ず通学が必要なカリキュラムが含まれています。これは厚生労働省で決められていることなので日本全国どこの講座を受けようと同じです。介護のお仕事は実技に関わる部分がとても大事なため、初任者研修のカリキュラムにも実技の講習が含まれているからです。
介護職員初任者研修は全カリキュラムの合計時間が約130時間。その中で通学が必要な部分が約90時間残りの部分は自宅学習するのが一般的。全日制で 6時間/1日 のコースの場合、15日は通学が必要になるというわけです。通信講座と銘打っているものは自宅学習の部分を言っているだけなので間違えないようご注意を。

仕事をしながらでも取得できますか?

土日や夜間の講座もあります
介護職員初任者研修は人気の資格のため、比較的多くのスクールが土日講座を設けています。平日みっちりのスピードコースが1ヶ月程度で取得できるのに対し、3,4ヶ月は取得までにかかりますが、お仕事をしながらでも取得することができます。また、地域によっては夜間の講座を設けているスクールもあります。

介護職員初任者研修おトク講座検索no1

 

■関連ワード
介護職員初任者研修おトク講座検索no1
ヘルパー資格おトク講座検索 no1
ヘルパー2級 おトク講座検索no1
初任者研修 おトク講座検索no1
介護資格 おトク講座検索no1

 

みんなの介護事情

老老介護の介護疲れは深刻な問題です

現代は老老介護社会とよく耳にしますが実際に介護している夫婦を目の当たりにするとなんて声をかけたらいいのかわからなくなります。介護職員初任者研修おトク講座検索no1
家族はいるけど、結婚したり、昔から折り合いが悪く疎遠になっていたりと様々ですが、老老介護になってしまうのには理由が深い。ヘルパー2級 おトク講座検索no1 私の祖父も病気がちで調子が悪くなると入退院の繰り返し。初任者研修 おトク講座検索no1 本人たちは自宅で過ごしたいとの希望が強いので自宅に戻りますが。祖母は夫の介護と家事で体力的にも精神的にもギリギリなところで頑張ってます。

 

もっと在宅看護、ヘルパーの利用をしてお互いの妥協点をみながら自宅で過ごせるといいなぁと思います。

 

家族も病院に一緒に付き添ったり、世話をすることがどんどん負担になってきます。

 

在宅看護やリハビリも徐々に普及されつつあり、阿部総理も病院から在宅に移行できるようにとの思想ありますが、現実は厳しく感じます。

 

もっと在宅に対して勤務環境がよくなれば、働くスタッフが増えるともっと在宅で看取ることも出来る。